イベントや県外出演者ライヴのお知らせ
「LIVE20th モナカ」のお知らせ
LIVE 20th
モナカ
<1日目>
2017年2月4日(土)
OPEN18:00  START19:00
ゲスト/ヴァイス

<2日目>
2017年2月5日(日)
OPEN13:00  START14:00
ゲスト/石田衣代
嶋ア史香


\3,000(2日間通し\4,000)
+1ドリンク付(アルコール除く)
11才未満は無料、12〜15才は半額。

モナカ/矢野絢子、大久保和花
 1997年2月4日高知市桟橋にあるライヴハウス「メキシコシティ」への出演をきっかけに結成。総出演イベント「メキシコの夕べ13〜天天天〜」にてトリをつとめる。当時二人とも丸坊主であった。1998年7月メキシコシティ閉店。
 1998年8月から3月まで高知市内の喫茶メフィストフェレスにて毎月定例ライヴを行う。
 1999年4月にミュージシャン仲間と共に「ライヴハウス歌小屋の2階」を設立。同時期に県内外のイベントライヴへの出演も開始。2000年10月高知県立美実館ホールで同期の女性デュオ「ヴァイス」とのジョイントコンサート「世界を望む夜」を開催。翌年2001年から活動の拠点を歌小屋以外へ移し、2002年12月には美術館コンサート「モナカ美術館」を開催。2003年2月レストランハバナ(現代企業)で池マサトをゲストに迎え、「モナカヴァレンタイン」を最後に活動休止。その後2007年に結成10周年を記念してアルバム「天天天」の発表と美術館コンサート「十年の天に」開催。そして本年この20周年の記念公演を迎えることになった。
 10代後半からその青春のすべてをライヴに捧げてきたと言ってもいいモナカ、そしてヴァイス、石田衣代。
 あれから(1997年2月4日モナカ初ステージ!)20年の時を経た記念すべき日に、このメンバーでステージをともに出来ること、それを楽しみに来てくれる方々がいること、これは私たちの人生の宝以外の何物でもないと感じます。
 この日限りの再結成となりますが、当時の仲間、支えてくれた人たち、今もなお共に続けている仲間や、現在の活動を支えてくれる人たち、全てに感謝を込めて。


●小人の入場について、場合により途中退場をお願いすることもあります。
●公演時間は120分(休憩含む)を予定しています。
●駐車場要予約。予約の方はお早めにお越しください。数に限り有り。

「花子記念」のお知らせ
ニセnoBAND LIVE
20周年イベント「花子記念」
<第5コーナー2>
2017年2月26日(日)
OPEN19:00 START19:30
ゲスト/川ちゃん、香子

\2,000+1ドリンクオーダー
県外出演者のお知らせ
2月の県外出演者のライヴ情報

2017年2月は県外出演者ございません



劇場歌小屋の2階 オープンチケット イベント・スケジュール アクセス
ギリチョン ディアズ HAnoE パーラーオッフォン